シラルガン ミルクポットを購入しました

料理メモ
スポンサーリンク

私は物を「この人が使っているなら(勧めているなら)いいものだろう」と衝動買いすることがあります。
今回は台所用品専門店のキッチンパラダイスさんのサイトで、このミルクポットを見かけたのがきっかけ。

「シラルガン」というのは、シリット社が独自に開発した特許の素材で「ガラス・セラミック」の融合コーティング。
とても丈夫で、蓄熱性も高く、遠赤外線でお湯がまろやかになるとか。

どーしても使いたくなってしまい、「娘の離乳食のおかゆも、これで炊けそうだし…ええいっ!」と買ってしまいました。

ころん、とした形がかわいくて、テンションが上がります。

早速お湯を沸かして、ルイボスティーを入れました。
妊娠中からよく飲んでるルイボスティーですが、実はあの独特の風味が苦手。
それが、シラルガンで沸かしたお湯で入れたら風味が柔らかくなってすごく飲みやすい!
コーヒーも苦みがまろやかになって、美味しかったです。

注ぎ口がありませんが、どこからでも液だれすることなく、きれいに注げることにも感動。

やかんではなくミルクポットなので、料理にも使えます。
離乳食のお粥を作ったり1人分のラーメンやうどんを茹でたりしています。

中がつるん、としていて汚れが付きにくく洗いやすいので、一人分の食事を作るときは特に便利です。
今のところやかんとして使おうと思っているので、揚げ物や匂いの強い料理には使っていませんが、そのうち料理用にもう一つ欲しくなるかも…。

デメリットは、ちょっと重いことと、お値段が高いこと。
重いのはともかく、お値段がもう少し安ければ間違いなくもう一つ買うのに(笑)

コメント