【2人目/体外受精2回目】ET7~9 フライング検査

体外受精2回目(クロミッド、hMG&アンタゴ、新鮮胚移植~稽留流産)
By: Andreanna Moya Photography
スポンサーリンク

はい、性懲りもなくフライング検査をしてしまいました。

フライング検査について簡単に説明します。

着床時期は、受精時期から7~11日後といわれています。
妊娠検査薬に反応するのは、着床の2~4日後から。

なので、3日目の分割胚を移植した場合は、ET6(移植後6日目)以降にフライング可能となります。
hCGの注射をしている場合は注射の影響で偽陽性が出ますが、何日か続けて検査をしてラインの濃さがどうなっていくかで判断します。
偽陽性で妊娠していない場合は、ラインがだんだん薄く、妊娠している場合はだんだん濃くなっていきます。

このサイトなどを参考にしました。→《超フライング検査》高温期9日目からはじめる妊娠検査薬

さて、ET0にhCG5000注射しているので、1週間たったET7から。
ラインが出るまでの時間と濃さを比較するのですが、ラインがでるまでトイレにこもっていられないので5分後ぐらいに見ています。

ET7…ごくごくごくうすーくラインが出ているように見えます。注射の影響かな。
ET8…ごくごくごくうすーくラインが出ています。昨日よりすこーしだけ濃くなったような?
ET9…ごくごくごくうすーくラインが出ています。
ET10…ごくごくうすいラインが。ET7と比べると、明らかに濃くなっています。

これは…期待してもいいのでしょうか。
少なくとも、着床はした、のかな。

引き続き、フライング検査します。
写真ではほとんどラインがわからないのですが^^;、下のほうに画像をのせておきます。





















コメント