つわりは14週で終息。私のつわり対策

妊娠初期
スポンサーリンク

現在17週ですが、ようやくつわりが終わったな~、と実感できるようになってきました。
辛かったつわりとの戦い(というほどでもありませんが)をまとめてみました。

スポンサーリンク

つわりの状況

日が経つにつれて、だんだんと症状が増えていきました。

6w頃~

・朝えづいたり軽く吐く

・お腹が空きやすく、お腹が空きすぎて気持ち悪くなる

・胸焼けやムカムカが続く

8w頃~

・夕方~夜にかけて体調が悪くなる

・夕食が食べれなくなってくる(量が食べれない、肉類などが食べれない)

・夕食後に吐く

・洗剤の匂いで気持ち悪くなる

9w頃~13w頃

・夕食があまり食べられなくなる。うどんか素麺かご飯+お味噌汁。

・夕食後に吐く(食べたもの全て、ではありませんが、毎日吐いていました。)

つわり対策

・食器洗剤、洗濯用洗剤、ハンドソープを買い替え

匂いに耐えられなかったので、洗剤類は全て買い換えました。
それだけで、かなり楽に。

ただ不思議なのは、食べ物の匂いだけは平気だったこと。

・移動時にはマスク着用

もともと煙草の匂いで気持ち悪くなることはありましたが、さらに匂いに敏感になっていたので移動時にはマスクが手放せませんでした。

・食べれるものだけ食べる

赤ちゃんのために食べなきゃ、と思いがちですがこの時期はまだ赤ちゃんも小さく、蓄えられている栄養で十分なので食べられないことをそこまで気にしなくてもいいそうです。

それよりも、無理に食べて吐いて体力を消耗する方が辛いので、食べれるものだけ食べてました。

私の場合は、ピークの時はうどん、素麺、ご飯+お味噌汁のローテーション。
こんな感じの夕食が多かったです(これは多いほうで、おにぎり1個分ぐらいのときが多かったです。)

image

それから、お腹は空くのでクリーム系でなく氷系のアイスクリーム(ガリガリくんなど)、ゼリー(ヨーグルトは食べられなかった)を1日1個は食べていました。

・吐くのを我慢しない、気にしない

食べれるものだけ少量食べていても、吐き気が止まらないときは止まらなかったので、そういう時はあきらめてすぐに吐いていました。
そして、まぁ仕方ないよねと思ってみたり、吐いたことを気に病まないようにしていました。
また吐いちゃった・・・と思うと気持ちも暗くなるので。ただでさえ「このつわり、いつまで続くの・・・」と思っていましたから。

とはいえ、日中は気が張っているのか、若干気持ち悪い程度で残業にならなければ仕事にはほとんど支障がなかったのは幸いでした。
勤続年数も少なく、低温火傷の通院などで有休があまり残っていないので、これで妊娠悪阻で入院にでもなったら我が家の家計は火の車でした(保険やもしかしたら傷病手当は出たかもしれませんが。)

・極力、体を休める

仕事から帰って、夕食を食べたら家事はほぼ夫に任せて横になっていました。
疲れると余計つわりがひどくなる気がしましたし、横になって休んでいたほうが多少は楽でした。
平日はほぼ仕事だけしていた状態だったので、本当に助かりました。

つわりの終息

つわりのピークは10~13週頃で、14週になると夜も吐くことがなくなり、夕食後の気持ち悪さが徐々になくなっていき、夕食に炭水化物以外のものが食べられるようになり・・・とつわりの始まりとは逆に進む感じで終息。
体重は妊娠前から約2.5キロ減りました。

今は、夕食も今までの8割ぐらいは食べられるようになり、体重も約1キロ増えました(妊娠前から約-1.5キロ)。
後期になるとどんどん増える、とも聞くのでちょうどいいぐらいかな、と思っています。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。押していただくと励みになります↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

妊娠初期
スポンサーリンク
千波をフォローする
とまどわず ふりむかず

コメント