今年も自宅で味噌を仕込みました

日記
スポンサーリンク

ここ数年、冬に自分で味噌を仕込んでいます。
毎年2月ごろですが、今年は3月になってようやく味噌を仕込みました。

材料は味噌作りに必要な大豆、麹、塩がセットになっているものを買っています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

手作り味噌セット(通常版)出来上り4kg用 樽付き 国産原料使用
価格:2617円(税込、送料別) (2018/3/30時点)

樽はあるので、樽なしを購入しています。
出来上がり4キロのセットはこんな感じで届きます(右上は、一緒に購入した塩麹)

作り方の説明書もついているので、初めてでも大丈夫。
用意するものは、大豆を煮る鍋、フードプロセッサーかすりこぎ&すり鉢です。

まず、大豆を洗って一晩水につけておきます。

一晩たつと、水を吸って倍以上の大きさになります。

この大豆を鍋で柔らかく煮ます。
私は何回かに分けて、圧力鍋で茹でています。

茹でた大豆は、ざるになどにうつして冷ましておきます。
この時、あとで使う煮汁をとっておくのを忘れずに。(煮汁の量は4キロだと270ml)

粗熱が取れたら、フードプロセッサーでつぶします。
少しずつフードプロセッサーにかけたほうが、まんべんなく潰れます。
フードプロセッサーがない場合、厚手の袋に入れて踏んでつぶしてもいいそうです。

大豆をつぶし終わったら、麹と塩をよく混ぜます。
左が麹と塩を混ぜたもの。
これと、つぶした大豆を混ぜていきます。

全体的に麹がいきわたるよう、満遍なく混ぜます。
途中で種味噌と、固さ調整に煮汁を混ぜます(私はよく忘れて、樽に入れる直前に気づいたりします…)

混ぜたら、消毒した樽に入れていきます。
私はパストリーゼで消毒しています。

[amazonjs asin=”B001JZ0DBG” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”ドーバー パストリーゼ77 スプレーヘッド付 500ml”]

最後に、塩を少し表面にまぶして出来上がり。

ラップをかぶせて、蓋をして寝かせます。
所要時間は3時間弱でした。

毎年同じように作りますが、味は違います。
今年の味噌はどんな味になるか、楽しみです。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。押していただくと励みになります↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

日記
スポンサーリンク
千波をフォローする
とまどわず ふりむかず

コメント